KiyoCode

【始めての海外出張も】絶対ソフトスーツケースをオススメする!【年中海外出張も】

calendar

こんにちは!kiyokoです。

夫の転職先では海外出張があるぞあるぞと聞いてはいましたがなんだかんだで今まで逃れてきました。
が!さすがにもうすぐ転職して二年になるので、最近は海外出張が2週間置きにあります(涙)。むしろ、三週間海外、一週間日本という繰り返しつらーい!

ということで、この度、スーツケースを新しく購入しました!!!

↓ちなみに夫の転職というか無職時代?についての記事はこちら↓

スポンサーリンク

熟考を重ねた結果、今買うべきスーツケースはソフトタイプ

ちなみに今まで、海外旅行や実家帰省などのために所有していたスーツケースはこちら↓

  • 80リットルのハードスーツケース、フレームタイプ。10年以上前に購入。ホームステイや、新婚旅行で使用。
  • 60リットルのハードスーツケース、フレームタイプ。10年ぐらい前に購入。海外旅行や実家帰省で使用。
  • 30リットルのハードスーツケース、ジッパータイプ。3年ぐらい前に購入。国内旅行や実家帰省で使用。

ガッチガチのハード派みたいなラインナップですが、そういうわけではなく、単に売り場に売ってあるのってハードが多いじゃないですか!あと10年前の主流は、ハード×フレームが鉄板だったんです!

そんな私が今回夫の海外出張のために購入したスーツケースはソフトタイプ!
夫の性格、今後の海外出張の頻度などなど考慮した結果、ソフト>ハードとなりました。
以下、絶対にソフトスーツケースをお勧めする理由をつらつらと書いていきます!

荷物のパッキングが簡単!

ハードと違って、荷物を入れる部分が二か所に分かれていないので、要は箱とか引出しとかにいれている感覚と一緒です。
ポンポコポンポコ荷物を投げ入れられます。

行きは私がパッキングするのでそれはそれはきれいにパッキングして出張に出かけますが(?)、帰りは夫が荷物を詰めて帰って来てるので、ぐっちゃぐちゃです。
それこそ投げ入れて帰って来てます。

ちょっと大きい荷物も、あーだこーだ悩まずに入れられるので、絶対に楽です!

出張のペースが一年に一回か半年に一回くらいだったら。。。
もしくは夫が几帳面できちんとした性格だったら。。。

ハードの2分割されてるスーツケースでも、ストレスなく荷物を入れられると思います。

でも我が家のように出張ペースが多いと、荷物のパッキングの回数が何しろ多いので、入れやすさはかなり重要な項目になってきます。

また、夫が「荷物とかマジ入ってればどうでもいい。」ぐらいのあまり気にせずポンポン入れる性格の場合は、ハードの二分割されてるケースだと、開けた瞬間ぐっしゃあ!になること間違いなしです!(汗)

ソフトの場合は片方がフタになってるので、どんだけポンポン入れられてても開けた瞬間ぐっしゃあとなることは避けられます!

スーツケースを開けたときの床面積が、ハードの半分!

出張で使用するつもりなので、スーツケースを持ち込む先はビジネスホテルです。
発展途上国への出張の場合は、広いホテルを会社が確保してくれることが多いですが、たまにまじかよ!と思うくらい狭い(日本のビジネスホテルくらい)のホテルに泊まらされることもあります。

スーツケース置き場はあるものの、両開きだと必要な床面積が足りず、それに乗らないことがあります。
そうなるとベッドか床に広げるしかないのですが、ベッドは寝る場所だから外からうろうろ持ってきたスーツケースなんて汚いし広げたくない!ましてや、ホテルは土足だし、床なんてさらに絶対広げたくないですよね。

床面積の占領問題については、自宅で荷物をパッキングするときにも発生します。
新婚旅行のために、自宅で両開きタイプのハードケース二つを並べてパッキングしていた時には、六畳の部屋が丸々パッキングルームとしてしか使用できなくなってしまいました笑。
荷物をしゃがんで入れ、また立って取って来てしゃがんで入れだったので、腰も痛くなりました。

その点、ソフトケースは必要な床面積が少ないので、椅子の上に載せてパッキングができます!しゃがむ必要もありません。
部屋の一角にスーツケースがあるだけなので、パッキングルームと化すこともありません。

スーツケースの開け閉めが楽!

両開きのハードケースの場合は、所謂フタ側にも荷物が入っているため、フタが重いんです。
開けるときも閉める時もよっこいしょと一苦労です。

一苦労なために、つい、ホテルでも開けっ放しで過ごしたりして大変見苦しいです。

また、一苦労なために、スーツケースを閉めた後に、「あれを出し忘れたな」とか「あれを入れ忘れたな」とか「ちょっとあれを出したいな」と思ったときに、面倒臭くて諦めることになります。だって重いんだもん!

その点ソフトケースは楽です!だってフタがペラペラだから!フタはフタの役割を果たすためにあると言わんばかりの薄さです。
なので、開けるのも、閉めるのも、ストレスフリーなのです。

スーツケースの外側にポケットが付いている!

最近のスーツケースはハードケースのものでも外側にポケットが着いてるものもちょこちょこあります。
が!ソフトケースはたいてい外側にポケットというか、ファスナーがついていて、ちょっとしたものを入れられます。

さきほど、スーツケースを閉めた後に「あれを入れ忘れたな」と思った時でもフタが軽いから面倒臭くないですよ!と書きましたが、フタが軽いソフトケースでも、入れたいものはあるけど開けるのが面倒だな!というシチュエーションはあります!
空港について、もはや現地に着くまで(おうちに帰るまで)使わないからスーツケースに入れてしまいたいけど、もはやスーツケース内は完全に完璧にパッキングしてるし、鍵も閉めてるし、空港で開けたくないですよね。

そんなときに外側ポケットがついてると非常に便利です!

夫は、折り畳み傘とか、なんか紙系?空港やらフェリーやらの案内図を入れています。

ソフトケースはとにかく軽い!その上なんと言っても安い!

ソフトケースは基本軽いです。だって布だもの。
ハードケースも最近はソフト並みか、もしくは普通のソフトケースよりも軽いものもあります。最新の素材はすごいですね。丈夫で軽いんですって。

これはね、正直ハードもかなり良いと心惹かれ迷いました。

私は軽さに関しては、かなり重視していました。

というのも、夫は出張の際、現地に出向している社員さんに頼まれているもの(日本でしか売ってないようなもの)を運ぶという、運び屋さんとも化します。
この間は水筒を何本も運んでいました。(中国に良い水筒が売ってないそうです。)
水筒を何本もってかなり重いですよ!

なので、なるべく多くのものを詰め込んで運べるように、スーツケース自体は軽いものがいい!と思いました。

軽いもの!で探すと、以前は圧倒的にソフト!ソフトの圧勝!だったのですが、前述したとおり、最近はハードもソフト並みかそれ以上に軽くて最新素材で、かなり魅力的なんです。
最新素材がなるほどと納得してしまうほど魅力的で思わずハードが欲しくなってしまいます。

が!問題は価格。

価格が、同じ重量のソフトケースとハードケースでは、倍くらい違います。

ハードケースの二分の一以下の価格でソフトケースは買えてしまいます。
同じように軽く、その他色々メリットがあるのに。

こうなると、最新素材で魅力的な軽いハードよりも、ソフトを選択してしまいましたよねー。

ハードケースよりソフトケースの方が盗難など心配!?

これに関しては、どうなのかな?と思いました。

確かに、ハードでフレームタイプだったりすると、盗難の心配とかかなり軽減される気がします。
素人目で見ると、鍵がない限り開けられそうにないですもん。ハードでフレームタイプ。
その点ソフトケースはカッターでびしっと切れば誰でも頑張れば開けられるんじゃないか?と思いますしね。

この点だけは、不安だったので、旅行用品専門店の店員さんに聞いてみました。
「盗難しようと思う人は、ハードだろうとソフトだろうと簡単に開けられますよ。」

なるほど!目から鱗!たしかに。
ということは、盗まれたらもはや手の打ち用なし。盗まれても笑って流せるものをスーツケースには入れるべきと思いました。

強度についても、ソフトより圧倒的にハードのほうが頑丈そうに見えるので、どうなのかな?と思いましたが、そもそもハードの方が頑丈だったとしても、壊れやすいものをスーツケースの中に入れるメンタルは私や夫にあるか?と。

壊れやすいものはスーツケースには入れずに手持ちにすると思います。
ガラスとかね。

新婚旅行にハードケースで行って、道中早々とヴェネチアングラスを買ってしまったけど、そんなもんスーツケースに入れられるメンタルはなく、ハラハラしながら手持ちで持って帰りましたもん。

なので、我が家のスーツケースとしての強度はソフトで十分だなと。

スポンサーリンク

半年間ソフトスーツケースを使い倒してみて感じたデメリット

半年間ソフトスーツケースを二週間置きに海外出張に使い倒してきましたが、妻から見て感じたデメリットが一つだけあります。

それは、雨に濡れてるんじゃないかい?ということ。

出発日が雨の場合、家から車に積むまでの何メートルかの話ですけど、スーツケースにガンガン雨当たってるな。と玄関先で見送りながら思ってます。

きっと車に積み込んだ後も、夫の性格上拭いたりしないでしょうし、ソフトスーツケースはつまりは布ですし、雨がしみ込んでいってるなと。

スーツケースカバーをかけるような繊細な夫じゃないし、出張先は雨も多いし、空港からタクシーに乗るとき、タクシーからホテルに入るとき、少しの時間かもしれないけど、きっと同じようにガンガン雨に当たって、布に雨がしみ込んでいってるんだろうな~と思います。

今のところ臭くなったりカビが生えたりしてないですけど、それだけが心配です。

ハードケースだったら雨に当たっても、その後濡れっぱなしだったとしても、ソフトケースほど問題はないだろうな~と思います。

まとめ

デメリットもあれど、今のところ、「やっぱりソフトスーツケースを選んで間違いなかったわ!」と自信満々で言えます。

メリットのほうが圧倒的に多いですからね!

ちなみに我が家が選んだソフトスーツケースは、サムソナイトのビーライト3です。

スポンサーリンク

一カ月くらい迷いに迷ってソフト、ハードともに店舗に行って実際にコロコロしたり、口コミを調べて選びました。
もっと安いソフトスーツケースもありますけど、この頻度で使うならちょっと値が張ってもサムソナイトにして良かったなと思います。それでもハードケースよりは安いですしね!

ちなみに迷ったハードスーツケースはこれ。サムソナイトのコスモライト。

スポンサーリンク

軽さとデザインはこっちの方に軍配が上がりますよね。かっこいい!
でも値段が・・・!
ソフトを推しに推してきましたが、懐に余裕があるなら、コスモライトを買っていたかも。。。(この記事は負け惜しみ?)

この記事をシェアする

コメント

コメントはありません。

down コメントを残す




著者

kiyoko

kiyoko

UC歴15年のワーママkiyokoです。
1歳の男の子持ち。
システム開発会社を退職し、現在は在宅で稼ぐ道を模索中。 [詳細]