KiyoCode

クラウドワークスで未経験者が文字起こしを分単価100円でやってみたよ。

calendar

こんにちは!kiyokoです。

会社を辞めてからまぁまぁグータラしています。

グータラしすぎて夫くんに喝を入れられたので、真剣にクラウドワークスでお仕事探しをしてみました。
システム開発の仕事を探すんですけど、なかなかないんですよね。
継続的に受注がありそうなら最初安くてもいいんですけどね。

なので、システム開発という枠にとらわれず、できることをとりあえずやってみました。

スポンサーリンク

クラウドワークスで未経験者が文字起こしの案件に応募する

募集の詳細欄に、・経験者の方 とか書いてあっても気にせず応募。

文字起こし未経験者の応募メッセージ テンプレート

システム屋さんで文字起こしをやろうという稀有な方が、他にいらっしゃったら是非どうぞ!コピペ可です笑

↓ここから↓

【自己紹介】
はじめまして。在宅でシステム開発をしております、●●と申します。

テープ起こしの経験はございませんが、普段システム開発業務を行っておりますので、お客様との打ち合わせや会議の際、リアルタイムで議事録の作成などを行っております。

声を聞きながらタイピングし、文字を起こすという作業には慣れているかと思います。
平日●時間作業可能です。すぐに納品の必要があれば、即対応することも可能です。

※納期が●●とのことですが、本日中にデータを頂ければ明日納品致します。

【提示した契約金額について】
音源が●●分程度とのことですので、分単価●●円で●●×●●の●●円でいかがでしょうか。

【職務経験・実績・スキル】
テープ起こしの経験はございませんが、タイピングの速さ、正確さには自信がございます。
システム開発のお仕事でご一緒させていただいたクライアント様には、丁寧な仕事とフォローをご評価いただいております。

【案件に関する質問や対応期間】
修正が必要な場合もすぐ対応できます。

未経験ではありますが、丁寧な作業を心掛けます。
ご検討の程宜しくお願い致します。

↑ここまで↑

未経験だし、アピールできることと言えば、納品の速さとやる気くらいしかないですよね。
しつこいくらいの丁寧押しと、速さ押し。

文字起こし未経験者は契約金額をいくらにするべきか

クラウドワークスで、他のワーカーさんはだいたいどのくらいで提案するのかな?未経験だし、それより安く提案したほうがいいかな?
と、とりあえず、ググってみると衝撃の回答がでてきました。

「大体分単価50円くらい。初心者は20円で提案する人もいる。」

えー。本当でしょうか。信じられません。

文字起こしに要する時間が、音源10分に対して1時間くらいだとこれまたググってでてきました。
分単価20円だったら、音源60分で1200円の報酬。音源60分を6時間で文字起こししたら時給200円!?

ちょっとそれは無理です。
時給1000円を目標に、クラウドワークス上の平均なんて関係ねぇ!と分単価100円で応募することにしました。

契約率アップの方法はどのカテゴリも同じ。応募の速さ。

システム開発のカテゴリでもそうでしたが、良いお仕事には応募者が殺到するんですよね。10人とか20人とか。
文字起こしなんてさらにすごくて、一案件に20人とか30人とか応募者が殺到します。

クライアントは、忙しくて忙しくて猫の手も借りたくてクラウドワークスに仕事依頼してるのに、20人も30人も応募メッセージなんて間違いなく読んでられないですよね。読んで5人程度。

なので、何十人も既に応募者がいる案件には応募しない。

募集されたばかりの案件に5人目までの応募者になるように。
特に、急募!とか書いてある案件に絞って応募しました。

そうすると、思ってた以上に契約がとれました。
三つ応募して、二つ契約!契約がとれた二つも、応募者は20人前後いましたし、驚きました。
単価安かったかな?口コミに踊らされた?

スポンサーリンク

未経験者が文字起こしを効率的にやる方法。

最初とりあえず、PCに既にインストールされてるソフトでやろうとしてたんですね。
ぶっちゃけなめてたんですね。文字起こし。

Windows Media Playerで再生して、停止して、巻き戻しして。
大学時代バンドサークルで耳コピしまくってたときもそんな方法でやってましたし。

ただこれだと、音源5分に対して1時間もかかってしまいました!
短納期で受注したのに!これはやばい。ということで試行錯誤してみました。

Okoshiyasu2は絶対即インストールすべし。

Okoshiyasu2

文字起こしワーカーさん御用達のソフトだそうで。
巻き戻しとか再生、停止をファンクションキーに割り当てられて、再生時に1秒戻しとか巻き戻しキー押下で2秒戻しとか細かく設定できる。

もちろんフリーです。(ありがたや。)

私はOffice製品のWordを使用して文字起こしをやったので、
F2キーに巻き戻し(2秒戻し)
F3キーに再生・停止(1秒戻し)

を設定しました。

Sakuraエディタが好きなんで、それを使ってF8とかそこらへんに割り当てて最初やっていましたが、F8は素早く押しづらい。
ぐっと中指を伸ばせば届く、F2、F3がおすすめです。

Wordは口語を入力していると、「文体が変だよ!」「日本語としておかしいよ!」とかにゅろにょろにょろにょろ下線がでてきてうざいですが、しょうがないです。

他にもgoogle ドキュメントの音声入力機能を使ってやってみたりしましたが、もう少し技術が向上しないとね。
お直しが多すぎて面倒くさくて即やめました。
タイピングがめちゃくちゃ遅い場合は、音声入力機能で入力したあとに、ちょこちょこ漢字とか誤入力の箇所を直していくほうが早くなる場合もあるかもしれないです。

音声が曖昧だった箇所は印をつけて先に進むべし。

音声が曖昧で何回聞いてもわからない箇所があったんですけど、その部分だけを何回も巻き戻して聞いても、全然わからない!わからなすぎて知らない単語??と思ってググったりして時間がかかる。(ググってわかる場合もあるけど。)

ですので、その部分はあとでわかるように???とか印をつけといて、ひとまず先に進みます。

聞き取れたところだけ書いて書いて書きまくって、心を無にして書いていくと、もはやタイピングゲームです。

結果的にそのやり方でやると、私の場合1時間で音源15分ぶんを文字起こしすることができました。
で、最後まで1周したあとに、もう一回聞き直しながら(1.5倍速で)確認していきました。

通して話を聞いて、話の全体がわかると、曖昧だった箇所が類推できたりします。
通して話を聞いても類推できなかったところだけググったり、知らない固有名詞っぽいものや人名は、これであっているのか確認します。その作業が大体音源の1.2倍くらいの時間がかかりましたね。聞き直しますしね。

未経験者が文字起こしをやってみて

結局時給はいくらになったか。

1本目が音源90分だったんですけど、最初一時間で5分しか進めなかったり、大阪弁だったり、ありまして、結局11時間かかりました。(ちーん。)
音源90分で9000円+税。システム手数料を二割引かれて7776円。
時給706円。大敗北です。

2本目が音源70分だったんですけど、6時間かかりました。
音源70分で7000+税。システム手数料を二割惹かれて6048円。
時給1008円。ぎりぎりですねー。
この2本目は即日納品するということで、プラス3000円つけてもらったので、実際はもう少しもらったんですけど。

クラウドワークスにシステム手数料を取られることを忘れていましたね。
分単価100円で作業するなら、1時間で音源15分以上進められないと時給1000円に達することができないということがわかりました。

文字起こし業者の料金と比較してみる。

文字起こし業者の料金表を見てみると、なかなかの値段します、
音源60分を中一日で納品した場合大体15000円から20000円です。

なかには一文字一円という料金形態の会社もありました。
私が今回やった文字起こしは1本目は31160文字。2本目は26904文字。
そこの会社の料金で言ったら結構なお値段ですよね。

まとめ

文字起こし自体はストレスフリーで行える作業でした。
自宅でできるし、イヤホンして、PCに向かって、カタカタ打ちまくるだけ。
途中からタイピングゲームのような感覚でやってましたし、頭使わないし、ほんとうにただの作業って感じで、楽です。
できればデスクトップPCで、ファンクションキー割り当て用のフッドペダルがあればもっと快適だろうなって思ったくらい。

肩こり、腰痛持ちでなければ、余裕。

プログラマだったりゲーマーだったり、PCの前に長時間座ってられる人だったらできる仕事だと思います。

料金については、うーん。やっぱりプロの文字起こしの人はもっと単価が高いんでしょうね。ググったらプロは分単価200円が一般的ってでてきましたし。倍ですもんね。

その単価でやってきた人がクラウドワークス見ても仕事する気になれないでしょうね。
システム屋さんがクラウドワークスでシステム開発の仕事に手が出せないのと同じように。。。
(私の技術不足というのもあるけど!)

私は文字起こしの素人なんで、まぁこんなもんかなという感じです。

ただ、他のワーカーさんとか、未経験者でこれから参入しようとしている人とか、分単価20円~50円とかで自分を安売りするのはやめましょうよ!!!!!
丁寧にやるとか、早くやるとか付加価値つけてどんどん単価あげていきましょう。
私も次に応募するときは未経験者じゃないので、もっと単価あげるつもりです!

この記事をシェアする

コメント

コメントはありません。

down コメントを残す




著者

kiyoko

kiyoko

UC歴15年のワーママkiyokoです。
1歳の男の子持ち。
システム開発会社を退職し、現在は在宅で稼ぐ道を模索中。 [詳細]