KiyoCode

【エクセルVBA】WEBスクレイピングは簡単だから自力でできるよ【IE操作】

calendar

reload

【エクセルVBA】WEBスクレイピングは簡単だから自力でできるよ【IE操作】

こんにちはkiyokoです。

クラウドワークスランサーズといった、クラウドソーシングサイトが最近盛り上がっていますね。(いろんな意味で)
在宅ワーカーとクライアントがオンライン上でつながることができるなんて、すごーく画期的な仕組みですね。

どちらのサイトも(他のクラウドソーシングサイトも)大体ライティングの仕事が多いみたいですけど、私はシステム開発の仕事でクラウドソーシングサイトを利用しています。(副業の範囲でやってます。)

それで、案件に多いのが、WEBスクレイピングの仕事!大体クライアントは個人!そして値段がすごーく安い!
(「5,000円~10,000円」とか言って来る。)

安すぎる。在宅ワーカーをなめるな!

その値段しか出せないなら、自分でやったらさらに節約できるよ。0円だし。
と思うので、プログラムを全くやったことのない人でも気軽にできるエクセルVBAでのWEBスクレイピングのやり方をお話します。

普通のエクセルですよ!オフィス製品の。
お仕事するパソコンの中に大体入ってるやつです。

スポンサーリンク

エクセルVBAでのWEBスクレイピング

マクロ有効ブックを作る

エクセルを開きます。
「ファイル」-「名前をつけて保存」で名前をつけて保存ダイアログが表示されます。

「ファイルの種類」で「Excel マクロ有効ブック(*.xlsm)」を選択し、「保存」をクリックします。
これでエクセルマクロが使えるようになりました。

VBEを開く

先ほど作ったエクセルを開いた状態で、「Alt」+「F11」を押します。
すると、Microsoft Visual Basic For Applicationsが開かれます。

VBEはVisual Basic Editorですね。
マクロを作るときはここから編集しますー。

標準モジュールを挿入する

マクロを書くモジュールを追加します。
VBEから「挿入」-「標準モジュール」をクリックします。

すると「標準モジュール」の「Module1」が挿入されます。

「ここに書く!」と書いてあるところに、プログラムを書きます。

WEBスクレイピングのためのライブラリを追加する

VBEから「ツール」-「参照設定」をクリックします。

「参照設定」ダイアログが開かれるので、「参照可能なライブラリ ファイル」から
・Microsoft HTML Object Library
・Microsoft Internet Controls

を探してチェックを入れます。そして「OK」ボタンをクリックします。

これでエクセルVBAでWEBスクレイピングをする準備が整いました!
ここまでたぶん3分くらいでできます。

IEでWEBページを開くプログラム

とりあえずプログラムを載せます。

これを「Module1」の「ここに書く!」の場所のコピーします。
プログラム内のURLは、任意の開きたいURLに書き換えてくださいね。

それで実行!

マクロを実行する

testの中にカーソルがある状態で実行ボタンをクリックします。(緑の三角のボタン)

実行されましたね!

WEBページを開くことができましたか??

スポンサーリンク

まとめ

今回はエクセルVBAでのWEBスクレイピング 第一回目としてIEでWEBページを開く。までをやりました。

マクロを実行するまでの手順もひとつひとつ書いたので、本当にマクロを一度も動かしたことがない人でも、思い立ってものの10分でWEBページを開けたと思います。

「WEBスクレイピングしたくてクラウドワークスに依頼を出したのに応募がなぜか一つもこないよぉ!(泣)」

というクライアントさんは、自分で作るか、値段を上げてくださいね♪

こちらもどうぞ

【エクセルVBA】WEBスクレイピングは簡単だから自力でできるよ【IE操作】
【エクセルVBA】WEBスクレイピングでログインは簡単にできるよ【IE操作】
【エクセルVBA】WEBスクレイピングで検索は簡単にできるよ【IE操作】

この記事をシェアする

コメント

コメントはありません。

down コメントを残す




著者

kiyoko

kiyoko

UC歴15年のワーママkiyokoです。
1歳の男の子持ち。
システム開発会社を退職し、現在は在宅で稼ぐ道を模索中。 [詳細]